ご相談・お問合せ

金型設計TRYOUT

圧力源のスペース確保!
平面と高さの確保が難しい金型に最適なご提案

圧力源のスペース確保!<br>平面と高さの確保が難しい金型に最適なご提案

よくあるお悩み・ギモン点

  • 金型設計スペースが不足しており加圧量が不十分である…
  • コイルスプリングを使用しているが、高さを十分に確保できず加圧量が不足している…

当センターがお悩み解決できること

当社では、様々な金型の構成部品・標準部品の中から最適な部品選定や、トラブルに合わせた最適な金型設計変更をご提案いたします。
本ページではガススプリングを活用したカイゼンのポイントを御伝えいたします。

新規金型の設計段階・試作段階でお困りの場合

金型にコイルスプリング・ウレタンを使用している場合、上記のお悩みはよく見られます。そこでご提案するのがガススプリングへの置き換えです。コイルやウレタンなどと比較してガススプリングを採用することで金型の省スペースが可能となります。さらに量産性が高く・量産期間が長いプレス部品であればコイル・ウレタンからガススプリングへと置き換えることで「イニシャルコスト+ランニングコスト」というトータルコストの削減が可能です。(詳細は営業までお問い合わせください。)

既存型においてスペースの確保をしたい・加工圧にトラブルがある場合

金型の設計変更をしていただく必要がありますが、コイル・ウレタンからガススプリングへと置き換えをしていただくことで加工圧力の不足を解消することが可能です。また、コイルやウレタンから置き換えることで量産性の高いプレス製品であればトータルでの生産性向上・コストダウンが可能です。

 

ガススプリングへの置き換えによるメリット❶

コイル・ウレタンを使用しているよりも耐久性が高くなり、ランニングコストの点でも優位性がある。コイルやウレタンの場合には、経年劣化による部品交換の工数ならびに、交換時におけるプレスチョコ停などコスト・リードタイムにおいて生産に影響を及ぼします。

一方でガススプリングの場合、イニシャルコストは高くなるもののランニングコストも加味すると、例えば2~3年続くような製品であればコスト優位性が発揮される為、長く生産をする製品には、コイル・ウレタンからガススプリングへの置き換えを提案しています。

国内外主要自動車メーカーの規格にはすでに織り込まれています。

ガススプリングへの置き換えによるメリット❷

ガススプリングの圧力変化・温度変化をオフラインチェックが可能!ラインの自動化や、多台持ちなどを行っている生産ラインにおいて生産技術者・設備技術者が遠隔からスマートフォン・PCで遠隔監視ができ、ちょっとした不具合をタイムリーに監視可能です。(オプション機能です。)